語學教育研究センター所長が身近なものでできるフェイスシールドを紹介

 語學教育研究センター所長の山下永子教授地域共創學部)が、クリアファイルやスナップボタンなどの身近なものを使ったフェイスシールドの作り方をYouTubeで紹介しています。

 きっかけは、語學の授業には欠かせない、発音練習の「口の動き」が見えるようにと、市販のマスクやフェイスシールドが品薄な狀況で、授業を始める時のために考えたものです。

 山下教授は、「醫療用ではありませんが、ご家庭や地域で顔を見ながらコミュニケーションが取れます。家にある材料で簡単につくれるので、ご家族と一緒につくってみてはいかがでしょうか」と呼びかけています。

?動畫はコチラ

?フェイスシールドの型紙はコチラ

九州産業大學のトップページへ